追加プログラム 決定! その2 ブロードリーフ

プログラム『ビスケットを体験してみよう(ショートバージョン)』

[内容]

7/22と7/23に追加いただいた特別プログラム。
ビジュアルプログラミング言語ビスケットを体験するショートプログラムです。整理券制による10組にご参加いただけます。

[参加条件]

・小学生1年~6年生
 最低1名の保護者のかたの同席をお願いします。
 (保護者は見学での参加となります。)

[整理券について]

整理券配付の午後の部(12:30から)にインフォメーションにて配付。
※なくなり次第終了

[スケジュール]

13:20~  受付     

13:30~14:00 プログラム

7/22(金) 追加プログラム 決定! TSUTAYAブース

7/22(金) 限定のプログラムが開催されます。

プログラム:『TSUTAYAキッズ記者会見』

★整理券制 先着5名のスペシャルプログラムです。

“キッズ記者”となり、
実際の記者さんと一緒に記者会見を体験していただきます。

[参加条件]
・小学生1~6年生までのお子さま
・一般の記者の参加もありますので、映像の映り込みや取材を受ける場合もございますので許諾証へのサインが必要となります。
・お子さま1人につき、最低1名の保護者のかたの許諾証が必要となります。

[整理券について]
7/22(金)13時から配布

※場所:会場内、TSUTAYAブース受付
※なくなり次第終了

[スケジュール]
15:20~      イベント受付
15:30~15:50    記者会見&フォトセッション
15:50~16:00   「こども新聞」記事作成

[登壇者]
「親子の日」名付け親 ブルース・オズボーン氏、井上佳子氏
株式会社TSUTAYA常務取締役 杉浦敬太

<TSUTAYAからメッセージ>
お子さまに記者となってご参加いただき、“こども新聞”作成までを体験いただく機会となります。
お子さま自身が自分で発信するメッセージによって、子ども同士、また世の中と繋がっていくことを実感してもらえる貴重な機会です。

またスペシャルゲストとして、この夏“親子でTSUTAYAを楽しむ”夏を提案しているTSUTAYAが来る7月24日の“親子の日”をテーマに名付け親である写真家ブルース・オズ・ボーンさんをお招きします。
映画や音楽、本などのエンタテイメントを通して“親子”について考えてみませんか?

※※※TSUTAYAでは[親子の日]を応援しています。※※※

 

【整理券情報】 整理券は2種類あります

会場内で配付される整理券は2種類あります。

1)サポーターによる配付

→各サポーターブースにて配付

【東京会場】小屋女子DIYカフェ、バンダイ、ムラヤマ、ライオン、ロイヤルパークホテル

→配付ルールはサポーターによって異なります。

2)事務局スタッフによる配付

→インフォメーションコーナーにて配付

→お子様(小学生以下)にのみ配付

→1人につきAM/PMに各1枚の配付

詳しくは下記の整理券制の内容をご確認ください。

http://www.jma.or.jp/wakuwaku/admission/